さとるーのメモ帳ブログ

演劇メインの雑記ブログ

広告

【旅行用】英会話できるようにするための英語勉強法【初心者向け】

 海外旅行に行きたいかーーーーーーーーーーーー!!!!

 

 でも、英語が話せないなんてビビッてないかーーーーーーーーーーー!!!!

 

 そんなあなたに朗報!

 

 旅行するだけの簡単な英語だったら、割とすぐに習得できます。

 

 TOEIC S/WとかTOEFLレベルのスピーキングはまったく別物ですけど、街中で買い物したり、ホテルを予約したり、道を聞いたりするレベルだったらという方向けの記事です。

 

簡単な英語を身体に叩き込め

 

 

 下の画像を見てください。

f:id:roo1113:20170829162130j:plain

 

 これを英語で説明してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 できました?

 

 「This is an apple.」と出てきましたよね。

 

 ここで、すぐに「This is an apple.」と出てきましたか?

 

 では、英語を話せる人と話せない人の差って何かわかりますか?

 

 英語が話せない人→りんごを見る→「これはリンゴです」と日本語で文章にする→日本語を英訳する→口に出す

 

 英語が話せる人→りんごを見る→「This is an apple.」と英語で文章にする→口に出す

 

 いやいや、ボクはすぐに「This is an apple.」と出てきたけど!とおっしゃるあなた、これではどうですか?

 

 下記の画像を英語にしてください。

 

 

f:id:roo1113:20170829162921j:plain

 

 できましたか?

 

 

 

 

 

 

 「There is a cat on a park bench.」です。

 

 どんどんレベルが上がれば上がるほど、瞬時で出てこなくなるんですね。

 

 じゃあ、なんですぐ出てくるものと出てこないものがあるかっていうと、それはどれだけ英語の文章がストックとして、入っているかというだけの違いなんですね。

 

 では、そのストックをどうやって増やすかってことですよね。

 

 一番オススメは中学校の英語の教科書です。

 

 それを丸暗記することが一番英会話に役立ちます。

 

 というのも、ボクが個人塾で講師をやっていたとき、生徒に教科書を音読させ、丸暗記させていました。

 

 定期テストなんて丸暗記でいけますからね。

 

 もちろん、文法を理解していることが前提ですよ。

 

 大事なのは頭で理解していることを身体に叩き込むことなんですよ。

 

 頭で理解しているだけなら、予備校のカリスマ講師と言われている先生たちの受講生はみんな偏差値の高い学校に合格しているかというと、違いますよね。

 

 結果を出す生徒と結果が出ない生徒の違いはここなんです。

 

 もう一度言います。

 

 結果を出す生徒は、頭で理解していることを身体に叩き込んでいます。

 

 結果が出ない生徒は、頭で理解してわかった気になっておしまいなんです。

 

 よく日本人が中高6年間英語を勉強しているのに、話せないと言いますが、当たり前です。

 

 それは英語を話す訓練をしていないからです。

 

 もっと言うと、アウトプットするような勉強をしていないからです。

 

 この場合のアウトプットとはスピーキング、ライティングのことです。

 

 自分の中から言葉を紡ぎだす訓練をしていないから出来なくて当たり前なんですね。

 

 大学生や社会人が受けるTOEICですら、リーディングとリスニングですからね。

 

 TOEIC S/Wはむしろスピーキングとライティングの試験ですけど。

 

 あ、話を戻すと、生徒に教科書を丸暗記させることにしたボクも久しぶりにやってみようと思い、教科書を丸暗記しました。

 

 しかし、英語を使う機会がなかったのですが、冬期講習で20万以上稼いだので、一人海外旅行に行こうと思い、イギリス、フランス、オーストリアに行ったのですが、そのとき、英語を使ったら、大学で英語を使う授業をしていたときよりも、会話がしっかりできていたんですね。

 

 とはいえ、飛行機やホテル、舞台のチケットの予約、道を聞いたり、ホテルの受付でうまい飯屋を聞いたりするくらいですけど。

 

 でも、海外で舞台観に行くくらいの英語力あるんだろ?と思われるかもしれないですけど、観に行った舞台は日本で予習して、歌詞を丸暗記していただけなんで、そこまで英語力なかったですからね。

 

 当時、TOEIC650点くらいだった気がします。

 

 簡単な英語を瞬時に口から出すトレーニングは地道なんですけど、英語で会話が出来ているときの快感はすごかったですね。

 

 あと、中学校の英語の教科書以外でオススメするのが、下記のテキストです。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 

 このテキストで扱っている英語自体はとても簡単なんですけど、意外に瞬時に口に出せと言われたら、なかなか出ないものです。

 

 さらに上の段階に行くにはどうする?という疑問に関してなんですけど、ボク自身、最近英語から離れてしまっているので、ちょっと再び勉強を再開し始めたばかりなんですね。

 

 やっぱり英語って間を空けると忘れますね…

 

 瞬間英作文でやり直してますが、正直な話…

 

f:id:roo1113:20170829165536j:plain

 

 ということで、オチが決まったので、今回はここまで…

 

 ほんじゃ、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告