さとるーのメモ帳ブログ

演劇メインの雑記ブログ

広告

無駄なことにエネルギーを使わない

 どうも!すぐ泣くやつ、だいたいメンヘラ!

 

 るーです。

 

 最近、感じていることがありまして…

「無駄なことにエネルギーを使う人」

 

 仕事なんかでも、ある程度選択肢があって、それぞれのメリット・デメリットがわかっているのに、あーだこーだ悩んでる人がよくいますよね?

 あれ、何の意味があるんですかねぇ…

 メンタリストのDAIGOさんも本で「人間には一日に意思決定するパワー、つまり、ウィルパワーが決まっている」とおっしゃっているんですね。

 だから、かの有名なスティーブ・ジョブズも「朝起きて服を選ぶことにウィルパワーの無駄遣いをしたくないから、同じ服を複数買っていた」なんて話もあるくらいなんです。

 あまり悩むのって無駄だと思うんですね。だけど、よく悩む人が多いんですよ。

 その人たちの特徴が一個あるんですね。

 それは「100パーセント、メリットのある選択肢を求めている」んですよ。

 「0か100か」みたいな思考って一番危ないんですよ。

 複数選択肢があって、20、50、70ってメリットの度合いがあったとしたら、ずっと悩んでいる人って、100の選択肢がないことにグダグダと悩むんですよ。

 100の選択肢をなんとか生み出そうとするんですね。

 しかも、大したことじゃないことで。

 もう70の選択肢を選んで、30のデメリットに対して、どのような対策を講じれるかを、行動を起こしながら考えるしかないんです。

 もっと言ったら、悩んでいる時間って仕事しているとはいえない時間なんですね。就業時間にそんなことをやっている暇なんてないんですよ。

 それだけしか仕事がないならいいですけど、膨大に仕事があるんですよ?

 簡単に言ったら、考えてる暇があったら実際に行動して、試行錯誤した方が良いと思うんですよ。

 

「ムチャブリとナンパができない男はだいたい仕事できない」

 

 ここに大きな問題が含まれてるんですよ。

 何かって言うと、まず「ムチャブリとナンパができない人は他者の目を気にしすぎ」なんですね

 そして、「プライドが無駄に高い」んです。

 プライドが無駄に高いから失敗したくないって気持ちが強すぎて、何をするにも腰が重いんですね。

 かつての僕もそうだったんです。

 でも、「他人はそれほど自分のことを見てない」ってことに気がついたんですね。

 そして、「他人が自分を幸せにしてくれない」ってことにも気がついたんです。

 

 まずは自分がどうしたいのかという目標や目的を鮮明にして、それに向けて行動するんです。

 

 よくPDCAサイクルって言葉があるように、計画立ててからって人もいると思うのですが、僕は賛成しません。

 計画を立てるだけで満足してしまう可能性があるからです。

 それだったら、行動しつつ、計画を立てて行くほうが良いと思います。

 まずは行動!

 この話をしたときに、よく言われるのは「無計画に行動を移すのは良くない!」って。

 アホかと。

 まず、行動に移さないやつが多いんですよ。

 だったら、まず行動に移したもの勝ちじゃないですか。

 だいたい、やる前から予測できる問題なんて、問題じゃないんです。

 実際にやってみたら、出てきた問題の方が問題なんです。

 そこで初めて考える時間を設けたらいいんですよ。

 

 ここまで書いて、イケハヤさんみたいになってきてますけど、共感できる人いると思うんですよね。

 仕事していたら、先輩とかでもこういう人多いんですよ。

 問題点だけを挙げるのが得意な人が。

 失敗を恐れていないで、どんどんやろうよっていいたくなりますよ…

 その思考の人ってモテませんしね…

 

改善策

 改善なんて簡単で、①「他者の目を気にしない」②「失敗を恐れず、行動をどんどん起こしていく」③「行動してから修正しつつ、計画を練っていく」

 これだけなんです。

 そして、これだけはやってほしいってことがあるんです。

 それは「○○だからできる」という言葉を口癖にしないってことです。

 あともうひとつ大事なことを言うのを忘れてました。

 「なんでも一人で全部やろうとしないこと」

 これに限ります。

 全部やろうとすると、それこそ今はやりのうつ病になりますから。

 仕事にハマっていて、楽しいって気持ちならいいですけど、そうじゃないって人は、できることとできないことを整理する必要があります。

 と言っても、最初はわからないと思うので、仕事しながら、これはできる、これはできないって分別していったらいいと思います。

 周りにいろんな人がいるじゃないですか。

 みんな、これが得意で、これが苦手って特徴を把握しておくと、得意なことを振り分けることもできますしね。

 その代わり、こっちの得意なことをやってあげたらいいんです。

 僕の場合、新卒で入社したとき、実力なんてものはなかったので、雑務で相手に貢献するくらいしかできなかったんですけど、それで良いと思うんですよね。

 ってことで、この記事はここまで!

 

 

広告